寝違え=「椎間板のずれ」⁉

〇寝違えとは?

「朝起きたら首が痛くて特定の方向にしか動かせない」

寝違えは「急性疼痛性頚部拘縮」とも呼ばれます。そのまま字の意味でとらえれば、「急に起こる痛みを伴う頚(首)の拘縮」となります。寝起きに起こりやすいため俗に「寝違え」と呼ばれているこの症状、多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

数時間で治まるものもあれば、数日間症状が続くものもあります。

〇症状は?

寝起きに首から肩にかけてハリ・鈍い痛みを感じ、特定の方向に動かすと痛みが増します。しびれを伴うものもあります。

〇原因は?

現在、寝違えのほとんどは「椎間板(首の骨の間にあるクッション)のずれ」「関節包(関節を包む袋状の組織)の炎症」が原因とされおり、その「ずれや炎症が悪化しないように筋肉を緊張させて動きを制限している」と考えられています。

レントゲンやMRIなどの画像検査では異常が見られないことがほとんどで、はっきりとは分かっていませんが、「睡眠時の不自然な姿勢」「前日のスポーツや仕事による疲労」「ストレス」「冷え」などが原因とされています。

〇治療・対処法は?

痛みが強い場合はできるだけ安静にします。特定の方向へ動かすと痛みが増すと思いますので、その方向に動かさないように注意してください。湿布痛み止めも有効です。

ある程度動かせるようになったら普段通りの生活をするようにします。痛みのある部分をめるのも良いです。また、寝違えは鎖骨や肩甲骨に付いている筋肉が硬くなりやすいので、動かせる範囲で大きく肩回しを行って筋肉をほぐすことも効果的です。

症状は基本的に数日で落ち着くことが多いです。

〇痛みがずっと続いてる・・・。早く治したい!

コアラ接骨院にご相談ください!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ疲労の原因は人それぞれ。また、何回も繰り返している場合は「体の歪み」が原因であることが多いです。丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!