ばね指=「指の腱鞘炎」⁉

〇ばね指とは?

主に指の使い過ぎにより健と健鞘(健が通るトンネル状の組織)が擦れて炎症を起こし、痛みや指の動かしづらさを感じるようになります。その状態が続くと健や健鞘が厚くなり、健鞘を通る際に引っかかるようになります。指が弾かれるような状態がばねのようなので「ばね指」と呼ばれます。「指の腱鞘炎」と思っていただければOKです。

〇原因は?

主に指の使い過ぎが原因となります。また関節リウマチ糖尿病をお持ちの方、人工透析をされている方にも発症することがあります。これらの疾患によって健の弾力が低下することや炎症が治りにくくなることなどが原因とされています。

〇症状は?

初期段階では指の動かしづらさ・こわばりが現れます。進行してくると指の曲げ伸ばし時に痛みや引っかかりを感じるようになり、指の関節付近にコロコロした結節のようなものが触れます。さらに進行すると自力では指を動かせなくなります。

〇治療・対処法は?

初期症状の場合はアイシング電気治療で炎症を抑えて症状の悪化を防ぐことができます。

結節状の組織ができている場合は引っかかりを緩和するためにマッサージやストレッチ腕から指にかけての筋肉を緩めます。指を深く曲げると引っかかってしまうため、テーピングやサポーター動きを制限してあげるのも有効です。

どうしても痛み・引っかかりが気になる、自分では動かなくなってしまったなどの場合は手術も検討する必要があります。

〇詳しく対処法が知りたい!早く治したい!

コアラ接骨院にご相談ください!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ疲労の原因は人それぞれ。また、なかなか治らない場合は「体の歪み」が原因であることが多いです。丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!