テニス肘=「料理人にも起こる」⁉

〇テニス肘とは?

テニスのラケットでボールを打つ動作を繰り返し行うことで起こる肘の疾患を総称して「テニス肘」と呼びます。主に肘の外側にある骨の出っ張りが痛くなる「上腕骨外側上顆炎」のことを指します。テニスだけでなく腕や手を良く使う料理人大工、重いものを持つ運送業の方などにも多く見られます。

〇原因は?

肘・手の使い過ぎが原因になります。

肘にはテニスにおけるバックハンドのショット、料理で鍋を振る・包丁を使う、大工でトンカチやノコギリを使うなど様々な場面で負担が掛かっています。「肘や指を伸ばす・手首を反る」動きをする筋肉が肘の外側に付いており、ここが繰り返し伸ばされることで炎症を起こし痛みが出ます。

また、テニスが原因と思われる場合ラケットの材質ガットの硬さ・グリップテープの摩耗なども影響してくるため見直してみることも必要です。

〇症状は?

肘の痛み肘~手にかけての違和感など。安静時には痛みがなく、腕や手を使ったときに痛くなる場合が多いです。

〇治療・対処法は?

マッサージやストレッチで筋肉の柔軟性を高めること、保冷材などで痛めた部分をアイシンし炎症を抑えることなどです。当院では超音波やハイボルト(特殊電気)にて対応しております。

可能であれば痛めた側の腕や手をあまり使わないようにしてください。

腕・手を使わなければならない場合はテーピングで筋肉・関節をサポートすると負担が和らぎ痛みを軽減できます。

また、テニス初心者の場合ボールをうまくラケットの真ん中でとらえられないため、ショットの瞬間ラケットがブレて肘や手首への負担が大きくなりがちです。早く上達するためにも、ケガの防止のためにもしっかりと基本の打ち方・フォームを身に付けることが大事です!

〇早く治したい!予防・ケアしたい!

コアラ接骨院にご相談ください!

テニス肘適切なケアで故障リスクを減らすことができます!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ疲労の原因は人それぞれ。また、何回も繰り返している場合は「体の歪み」が原因であることが多いです。丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!