手首の腱鞘炎(ドケルバン病)=「ホルモンが原因」⁉

〇ドケルバン病とは?

手首には指を動かすための健(スジ)とそれが通る健鞘というトンネル状の組織があります。指や手首の使い過ぎによって健と健鞘が擦れ、炎症を起こ疾患を腱鞘炎と言い、その中でも手首の親指側に痛みが出るもの「ドケルバン病」と呼びます。

少し前までは指をよく使うピアニストや美容師の職業病と言われていましたが、パソコンやスマートフォンの普及により指を使う機会が増えたため一般の方にも患者数が増えている傾向です。

〇原因は?

指・手首の使い過ぎ腕や手の筋肉の硬さが主な原因です。

また、ドケルバン病は女性に多いことも特徴です。産後や閉経後などホルモンバランスの乱により健鞘が厚くなり健と擦れやすくなること、子供を抱える・家事をするなどで手や指をよく使うことが原因になります。

〇症状は?

手首の親指側に痛みがあり、親指を中に入れて握りこむと痛みが増します。(この症状を利用してドケルバン病か判断する「フィンケルシュタインテスト」という検査法があります)

〇治療・対処法は?

使い過ぎ・筋肉(健)の硬さが主な原因のため、なるべく指や手首を使わないようにする、マッサージやストレッチで腕・手首周りの筋肉を柔らかくすることが大切です。

特に手首を返す動作(本をめくる鍋のふたをひっくり返すように開けるなど)を避けるようにしましょう。

仕事等で使わざるを得ない場合はテーピングやサポーターで筋肉・関節をサポートする、痛みの強いときは保冷材等でこまめに冷やすと負担が和らぎます。

産後に症状が出たなどの場合、大豆食品(豆腐・納豆など)を積極的に摂取するのも有効です。大豆には女性ホルモンに似た働きがあるため、ホルモンバランス改善に役立ちます。

〇詳しく対処法が知りたい!早く治したい!

コアラ接骨院にご相談ください!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ疲労の原因は人それぞれ。また、なかなか治らない場合は「体の歪み」が原因であることが多いです。丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!