脊柱管狭窄症=「歳だから」とあきらめないで!

「年齢も年齢だし、骨が変形してたらどうしようもないでしょ」とあきらめないで!

「脊柱管狭窄症」!

〇「脊柱管狭窄症」とは?症状は?

加齢に伴って椎骨(背骨)が擦り減ったり変形したりすることで周りの神経や血管を圧迫し、腰から下半身にかけての痛み・しび引き起こす症状です。50歳を過ぎたあたりから発症する方が多いです。

数分歩くと痛み・しびれが強くなり、少し休むと軽快する「間欠性跛行」という特徴的な症状がみられます。歩くのはしんどいけど自転車なら楽」という話を患者様からよく聞きます。

レントゲン、MRIにて診断可能ですので年齢・症状が自分に当てはまるようであればお近くの病院・整形外科を受診してみると良いと思います。

〇治療・対処法は?

加齢に伴う骨の変形自体は元には戻りません。変形の進行具合や症状の度合いによっては手術となることもあります。

しかし、「変形の進行を遅らせる」「症状を悪化させない」ことは可能です。具体的にはできる範囲の運動で体を動かし「筋肉を付ける」ことと「硬くなっている筋肉をほぐす」ことです。周りの筋肉で体を支え、骨にかかる負担を減らします。病院では薬や注射による痛み止めが一般的かと思います。

また、痛み・しびれに関しては骨の変形が原因の100%を占めているわけではなく、周りの筋肉のコリや血流の悪さなども関係してきます。実際、マッサージやストレッチやトレーニングにより症状の大半が解消した方を何人も見てきました。当院では特殊電気治療による神経への直接的アプローチも可能です。

〇「手術はしたくない!」「痛み止めだけでは良くなってる感じがしない」

コアラ接骨院にご相談ください!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ…疲労の原因は人それぞれ。また、何年も続いている場合は「体の歪み」が原因であることが多いです。丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!