腰痛のほとんどは「原因不明」⁉

〇慢性腰痛について

「病院や整形外科でレントゲンに異常はないと言われたが腰に痛みがある、数ヶ月~何年痛みが続いている」

腰痛を訴える患者様からよく聞かれる症状です。そもそも「慢性腰痛」とは正式な病名ではなく、「長期に渡って腰に痛みが出ている状態」を指します。また、腰痛を訴える方のほとんど(85%以上とも言われています)が「原因不明」とされています。

〇真の原因

「原因不明」といわれても、レントゲンやMRI検査で異常がなくても、「痛い」のです。ということは、画像検査では分からないどこかに原因があると考えます。主に筋肉や健、靭帯のハリ・コリ神経痛。筋肉が断裂しているとか、ひどく炎症を起こしている場合など以外は画像検査では分かりません。さらに深く「なぜハリやコリが出てしまったのか」まで考えると、仕事・運動等の日常生活動作や食習慣も大きく関わっている場合が多いです。

あとは「体の歪み」も原因になり得ます。歪みがひどくならないように筋肉が突っ張ったり縮んだりして支えているのです。

また、最近では原因不明とされる腰痛の多くが「心因性」とも言われています。いわゆる「気のせい」や「思い込み」。「そんなことない!本当に痛いんだ!」と言われてしまうかもしれません(笑)。しかし実際のところ、痛みが長く続くと脳内で「痛い状態が普通」「この痛みはずっと続くんだ」と思い込むようになってしまい、「無意識に動きを制限する→筋肉が固まる→痛みが出る」の悪循環を引き起こします。

〇治療・対処法は?

筋肉のハリやコリに関しては「マッサージ」「ストレッチ」「温める」が有効です。

身体の歪みは立ちっぱなし、座りっぱなし、足を組む、荷物を決まった方で持つなど日常生活の中で少しづつ現れてくるため、「長時間同じ姿勢を続けない」「足を組まない」「いつも右肩に掛けているバッグをたまには左で持つ」など「なるべく左右対称を意識して体に一定の負担が掛からないようにする」ことを意識してください。当院では整体をおススメしております。

「動かしても大丈夫!」と自分に言い聞かせ、「ウォーキングやヨガなどできる範囲で運動する、体を動かす」これ、すごく大切です。上記で出てきましたが、「心因性」のものに関しては「動かすと痛い→無意識に動きを制限→固まる→痛くなる」の悪循環になっているため、どこかでこれを断つ必要があります。

「痛みに意識を向けない」という点では真面目な話、「気にしないこと」も対処法になります。たまには「好きなことや趣味に没頭する」時間を設けるのも良いと思います。

〇なかなか治らない、原因がわからない、ケア方法を詳しく教えて!

コアラ接骨院にご相談ください!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ…痛みの原因は人それぞれ丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!