ぎっくり腰は「魔女の一撃」⁉

〇ぎっくり腰の実際

「重い物を持ち上げる際に腰に負担がかかり激痛が走る」というイメージのぎっくり腰。

しかし、実際に経験された方や当院にいらした方のお話を伺うと「重いものを持った時」など明らかに腰に大きな負担が掛かって痛める方は少ない印象です。それよりも、「振り向いた時」や「かがんだ時」など日常の何気ない動作で痛めてしまう傾向にあります。

〇なぜなのか?

上半身と下半身のつなぎ目にあたる腰。体の傾きや捻りなど普段から自覚のないところで多くのストレスを受けて疲労がたまっています。その疲労がピークに達した状態で瞬間的な力が加わると、それがどんなに小さな力であっても「激痛」を引き起こすのです。(グラグラのジェンガをちょこんと押しただけで崩れるイメージでしょうか)

この「ふいに起こる激痛」を海外では「魔女の一撃」と表現しています。

〇ぎっくり腰にならないためには?

日常生活での腰の疲労を取り除くことが大切です。方法としては

筋肉をほぐす(ストレッチやマッサージなど)

血行を良くする(お風呂、カイロ、温熱シートなど)

〇もしなってしまったら?

まずは「安静」と「冷却」です。自分が楽に感じる姿勢で横になり、腰が熱を持っている場合は保冷材等で冷やし2~3日は安静にします。湿布も有効です。ある程度動けるようになったらお風呂などで温め、「可能な範囲でいつも通りの生活を行う」ようにしてください。

ある程度痛みが治まってからも安静を続けてしまうと筋肉が固まり、かえって症状が長引く原因になります。

〇なかなか痛みが引かない、何度も繰り返している場合は?

コアラ接骨院にご相談ください!

仕事、家事、育児、ストレス、スポーツ…疲労の原因は人それぞれ。また、何度も繰り返している場合は「体の歪み」が原因であることも多いです。丁寧な問診・検査で原因を探り、一人ひとりに合った治療で早期回復!痛みの改善だけでなく自分で自分を治すチカラ「自然治癒力」を高め発しにくい体づくりまでサポート致します!